愛人は特別な癒しを与えてくれる

愛人という人にどのようなイメージを持ちますか。
妻や旦那を裏切っている存在というイメージや、ふしだらなイメージがあるかもしれません。
しかし、愛人には特別な感情を抱いてしまう人も少なくはありません。
おそらく、こう言った感情になるには実際に愛人を作ったことがある人でなければ分からないことでしょう。
実際にもし愛人ができたときは、間違いなく妻や旦那とは全く違う特別な感情になるはずです。その感情は言葉ではなかなか言い表せないかもしれませんが、癒しを感じる感情に近いと言えます。
どのようなことでも話せる関係、そして自分の気持ちに正直になるような感覚は、愛人でなければ開けない心と言っても過言ではありません。
しかし、そう簡単に愛人を作ることは難しいでしょう。自分だけの問題ではなく、妻や旦那との関係の問題にまで発展することも決して珍しいことではありません。それどころか、近所などにそうした噂が広まってしまうことで、その場所に住むこともできなくなることもあるでしょう。
しかし、そうした緊張感の中で愛人と会うという行動もまた良いのかもしれません。特別な感情を持ちながら、さらに特別な緊張感もあると言う二人にしか分からない感覚は、実際にそう言った環境に置かれてみなければ理解できないことでしょう。
もし、愛人ができた場合は必ず廻りには気付かれることなく会うようにするべきです。これは二人だけの問題ではないのだと言い聞かせるようにするべきでしょう。
大きな問題は二人では解決することができないことであることは間違いありません。付かず離れずの距離間を保ちながら時間を見つけて会うという感情も、まさに愛人との関係の楽しさなのかもしれません。